MENU

幼児の咳が止まらない続く原因とは

スポンサーリンク

幼児は体が小さいということで、さまざまな病気を発症する可能性が高くなっています。
そのなかでよく見られる症状としては咳があります。
風邪をひいたり喘息などの時に見られるようになっていますが、幼児の咳が止まらないで続くというようなことがあります。
止まらないで続くということになれば非常に心配になってしまいます。
このようなときにはしっかりと原因を追及する必要があります。
自己判断をせずにすぐに病院を受診するということも大切です。
幼児が咳が止まらないということがありますが、体の中に入り込んだウイルスや細菌を体の外に排出する役割があるということで、正常な反応と判断することができます。
この中で幼児に関しては症状が続くことがありますが、原因としては大人と比べると体のつくりが未発達であるということが考えられています。
このほかに考えられる原因としては鼻水になります。
鼻水を上手にかむことができないので症状が現れやすくなっています。

スポンサーリンク

鼻水を上手にかむことができないと、鼻のなかに鼻水が残ってしまうということになります。
これが喉の奥に流れ落ちてきます。
その結果喉が鼻水を異物と判断して、咳をすることで体の外に排出しようとするのです。
また体が未発達であるということも関係していますが、小さな子供の場合には胃と食道の間にある弁が非常に緩くなっています。
したがって強く咳き込んだときに食べ物が逆流をして吐いてしまうこともあります。
このようにいくつかの原因が考えられるようになっていますが、そこまで心配する必要はありません。
しかしここで注意をしなければいけないのは、あまりにも症状が続くときです。
この場合には病院を受診するようにします。
咳を少しでも抑えるための対処法としては、加湿器を使って部屋の中を乾燥させないようにします。
このほかには喉を乾燥させないようにしっかりと水分補給をします。
またマスクを着用させるようにします。
これは呼気で喉が乾燥するのを防ぐという効果があります。

スポンサーリンク