MENU

授乳中の咳や喘息について

スポンサーリンク

普段の生活のなかで、喘息の症状を抱えているという人は少なくありません。
小さな子どもに多く見られる症状となっていますが、大人でもこのような症状に悩まされているという人が多くなっています。
喘息があるという状態で妊娠や出産をすることもあります。
このようなときに気になるのが、症状を和らげるための薬を服用してもいいのかということです。
妊婦の喘息に関しては、3.7パーセントから8.4パーセントの人がいると考えられています。
また症状に関しては、悪化するという人や改善するという人もいれば、そのまま変わらないという人も少なくありません。
そして治療薬に関しての研究も進められています。
現在では、一部の薬を除くと、治療薬が母体や胎児への影響はほとんど見られないようになっています。
逆に症状が悪化することで、未熟児や低体重児の増加に関する危険が高くなってしまうので、しっかりと管理をすることが望ましいと考えられています。

スポンサーリンク

妊娠をしたり授乳中には薬をのむことができないと考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。
我慢をしていると症状が長引いたり悪化することがあるので注意が必要になります。
薬のなかには授乳中に関して制限があるものもあります。
しかし多くの場合しっかりと注意書きが記載されるようになっています。
咳が止まらないというような喘息の治療に関しても、服用することができる薬があります。
授乳中の咳に関しては、抗アレルギー薬以外はほとんど問題がないと考えられています。
したがって吸入薬を中心に治療をすることが一番です。
喘息で咳が出たときに注意をしなければいけないことは、コントロールをすることができず症状が悪化しているにもかかわらず、薬が怖いということで使わずに、ひどい発作を引き起こしてしまうことになります。
このような場合には、安全性の高い吸入ステロイド薬を使うことが非常に大切になります。
また発作が発生したときにはすぐに病院を受診するようにします。

スポンサーリンク