MENU

なかなか治らないマイコプラズマの咳

スポンサーリンク

風邪をひいたときには、咳や鼻水が出るようになっています。
しかし症状が落ち着いて回復してくれくると、これらの症状も治っていくというのが一般的となっています。
しかし風邪がなかなか治らずに病院を受診した場合、血液検査が行われることがありますが、この時にマイコプラズマ肺炎と診断されることがあります。
マイコプラズマ肺炎の症状にはどのようなものがあるのかというと、なかなか治らない咳の他に、発熱や喉の痛み、このほかには鼻水や鼻づまりや頭痛や全身の倦怠感などがあります。
この中でなかなか治らない咳というものが代表的となっていますが、風邪の症状とよく似ているというのが大きな特徴となっています。
また痰が絡んだような咳がなかなか治らないということもあります。
熱が下がった後でも、3週間から4週間このような症状が続くことがあります。
したがって風邪をひいた後にこのような症状が続く場合には、マイコプラズマ肺炎の可能性が高いと考えます。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎の特徴としては、この病気は免疫力が低い子どもに多く見られる病気となっています。
最近の罹患した報告の中で、約80パーセントが14歳以下であるという結果が出ています。
しかし子どもだけに発症するという病気ではありません。
大人でも発症することがあるので注意が必要になります。
ストレスや疲れがたまっているときに免疫力が低下するので、その結果発症してしまうことがあるのです。
保育園や幼稚園、このほかには小学校や中学校に通っているというような子どもがいる家庭では、子どもが集団生活の中で感染をしてしまうということが考えられます。
マイコプラズマ肺炎は2週間から3週間という潜伏期間があるので、この潜伏期間の間に家族に感染してしまうということも珍しいことではありません。
感染経路としては患者の咳による飛沫感染や、接触によって感染をするようになっています。
したがってたくさんの人がいるところに行くときには、マスクを着用するようにします。

スポンサーリンク