MENU

9月に飛ぶ花粉の影響で咳が出ることがある

スポンサーリンク

花粉症とは主に春のシーズンにおいて症状が出ることが多い病気となっており、一般的にスギやヒノキによる影響が懸念されています。
しかし9月という秋のシーズンにおいても、この病気を発症してしまうことがあるので注意が必要です。
身体の中にブタクサやヨモギやイネなどの花粉が入ることで、同じような症状を発症してしまうことがあります。
その一環として、発症してしまった人の中には咳が止まらなくなってしまうことがあります。
9月となると夏が終わるため、主にこれから涼しくなり始めるといった時期に突入していきます。
ですが同時に花粉症を発症することもあるので、9月になってから急に咳が出始めた場合においては特に注意が必要となります。
また風邪と症状が似ている所がありますが、違いを見分けるポイントとして発症期間に注目をしていきます。
1週間以内に症状が完治すれば風邪であることが多く、2週間前後まで治らなかった時には花粉症による可能性が高くなっています。

スポンサーリンク

 ブタクサやヨモギやイネなどの花粉が体内に入ることで9月でも咳が出てしまうことがあり、完治するまでに2週間くらいかかります。
こういった症状を発症した場合において、どのように対処していけば良いか紹介していきます。
発症当時は風邪と見分けが付きにくいことから、9月に入ってからすぐに症状が出たかで検討していきます。
9月に入ってすぐに症状が出始めた場合においては、ブタクサやヨモギやイネなどの花粉による影響の可能性が高いです。
なのでこの場合には、すぐに耳鼻科や眼科などを受診して治療を進めていくという流れが良いです。
一方で半ばや10月という時期から咳が出始めた時には、風邪を発症した可能性が高くなっています。
その場合においては、出来るだけ外出はしないで自宅で安静にすることがポイントとなります。
その際に出来る対策として、温かい食事を取り続けることや水分補給を欠かさないようにして身体の免疫力や抵抗力を上げることが重要です。

スポンサーリンク