MENU

咳をしたときの血の味や匂いの原因について

スポンサーリンク

風邪をひいたときには咳が出ることが多くなっていますが、風邪の症状が緩和されると共に、これらの症状も治まってくるというのが一般的です。
しかしなかにはいつまでも治らないというような咳が続くこともあります。
この中で長引く咳とともに血の味がしたり匂いがするというようなことがあります。
血の味がしたり匂いがするときに考えられる原因はいくつかあります。
そのなかで原因の一つとして、肺炎などの肺の病気があります。
細菌は肺炎や慢性閉塞性肺疾患というものが多くなっています。
これらの病気に共通していることは、咳が出て長引くと血の味や匂いがするということです。
そのなかで原因として考えられているのが、たばこを吸う人や職場環境が悪いという人です。
40歳以上の10人に1人が慢性閉塞性肺疾患になる可能性があると考えられています。
肺結核に関しても日本ではほとんど見られなくなっていますが、最近では再び増加傾向にあります。
したがって注意が必要です。

スポンサーリンク

これらの病気の発症率は10パーセントとなっていますが、非常に感染力が強いので注意が必要になります。
このほかに考えられる原因としては、胃や食道の病気となります。
風邪をひいたことで咳が出るようになっていますが、喉にある咳反射を生じる部分が敏感になって、胃や食道に炎症が発生して血の味がすることもあります。
最初は風邪が原因となっていますが、疲れやストレスがたまっているという場合に発生しやすくなっています。
アレルギーも考えられる原因の一つとなっています。
アトピーや咽頭アレルギーなどでも長引いて匂いがすることがあります。
アレルギーに関しては、今まで症状がなかったというような人でも、急に発症することがあるので、安易に考えないようにします。
子どもの病気と考えられているようなものでも、疲れやストレスがたまっているということで、大人でも発症することがあります。
肺ガンや慢性閉塞性肺疾患の場合には、早期に治療を開始することでその後の状態が変わってきます。

スポンサーリンク