MENU

咳が出るだけでなくげっぷや息苦しい症状がある場合

スポンサーリンク

咳の原因というのは一般的に湿ったタイプの場合には多くは淡を伴う症状の事が多く肺や鼻の病気が原因が疑われます。
乾いたタイプの場合には長引くようであれば、間質性の肺炎やぜんそくなども疑われます。
げっぷの原因は最も多いものは空気を多く含んでしまう呑気症や胃腸に疾患がある場合にもある症状です。
息苦しいという症状の原因は様々な要因がありますが、これに関してはこの症状だけでは、あまりにも様々な病気が疑われるので具体例はあげられませんが、咳やげっぷと息苦しいという症状が組み合わさると疑われる病気も少なくなってきます。
これらの症状からだと軽度の逆流性食道炎の疑いが考えられますが他の病気の事も考えられるので病院できちんと診察をしてもらうのが基本になります。
逆流性食道炎というと胃酸の逆流や胸焼けという症状が代表的な症状ですが、初期や軽度の逆流性食道炎の場合には、頻繁におこるげっぷに咳もくわわり、息苦しいという症状が出る事があります。
ストレスや生活習慣が原因の事も多いので日頃から注意が必要です。

スポンサーリンク

逆流性食道炎の治療方法ですが、もちろん医師から処方された薬を飲むことが最も良いとは思いますが、原因と治療方法を知っていると発見も早くなる事が考えられます。
どうすれば逆流性食道炎の症状をやわらげる要因として、逆流を止めることと過度に出てしまっている胃酸を減らすことで逆流性食道炎の症状をやわらげることが期待できます。
治療方法としては、胃酸の量を減らすという意味ではH2ブロッカー成分の入っている薬が一般的に利用されますが、ガスター錠10mgか症状が重ければ20mgが処方されたります。
市販薬にも同じ効果が期待できるものは存在しますが、ガスター錠などは症状を緩和させる効果が期待できるものであって、病気そのものを治しているわけではないということに注意をする必要があります。
確かにこれらの市販薬などでも効き目が高いので一時的に楽になるため治ったかのように思われる事もあるかもしれませんが、基本的にこの病気は食事やストレスなど生活習慣の改善をしながら、適した薬を飲むことが大切で治療期間が長くなるケースが多いのが特徴です。
したがって急な時には市販薬で症状を軽減させることも悪い選択とはいえませんが、症状が感じられたら病院で検査などをしてもらう事が良い選択だといえます。

スポンサーリンク