MENU

大人で咳と嘔吐が止まらない場合

スポンサーリンク

激しい咳と嘔吐を伴う病気を患う層と言えば、幼い子供という印象があります。
 これは抵抗力のない幼児が風邪をこじらせることが珍しくないためです。
子供時分のつらい思い出として胸に止めている人は少なくありません。
 しかし、近年では咳や嘔吐が止まらなくなる病気を患い苦しんでいる大人も増えています。
今回はどのような病気によりそれが引き起こされるかを説明していきます。
 まず、一番なじみがあるのは、インフルエンザです。
 毎年冬になり、冷え込みが激しくなったときに流行するそれは、新聞やニュースなどで何度も取り上げられ、予防接種に言った人も少なくないため、関心を持つ人が多いものでもあります。
 インフルエンザの初期症状は風邪と似ている部分が多いため、少しばかり体調を崩しているだけだと思い込む人は珍しくないのですが、この病気は空気感染により広まるものでもあるため、気がついたときには周りじゅうに広まっていることがあります。
 インフルエンザは、場合によれば大人でも死に至らしめることがあるため、厳重な注意が必要です。

スポンサーリンク

 近年流行始めた病気の中に、咳喘息というものがあります。
 これは主に女性が患うものなのですが、風邪が引き金となり、それが治った後も一ヶ月以上にわたり激しい咳と吐き気をもたらします。
 発熱がないために、単なる体調不良だと勘違いする人が多いのですが、放置していると気管支が狭くなったり、炎症を起こしたりして、気管支炎に発展することがあるため、喉に不調を感じたら病院へ足を向けるようにしましょう。
 咽頭反射は喉に刺激を与えると、反射的に吐き気を引き起こす症状を指します。
 これは風邪などで喉に炎症を起こすと発症する場合があります。
食べ物を飲み込もうとしただけでえずくので、日常生活に多大な影響が出る病気だと言えます。
 アレルギーにより咳と嘔吐が起きる場合もあります。
 激しいアレルギー反応と言えば、子供というイメージがありますが、近年では大人になってから特定の食品に対し拒絶反応が出ることが増え、認識の遅れが症状を悪化させる傾向にあります。
 特定の食品を食べると、身体の調子が悪くなると感じたら、それを避けるようにした方が無難です。

スポンサーリンク