MENU

インフルエンザでは咳がでないのか

スポンサーリンク

人間の体は、風邪をひいたりインフルエンザに感染すると咳がでたりでないということがあります。
咳が出るということは、肺や器官という呼吸器系に進入したホコリや細菌やウイルスを、気道から排出しようという働きと判断することができます。
人間の防御反応ということになります。
したがって病気になったときには基本的に咳がでないということはあまりありません。
さまざまな病気の症状として発症するようになっています。
とくに風邪と症状が似ているインフルエンザでも出ることが多くなっています。
インフルエンザの初期症状として咳が出るということがありますが、風邪と似ているので症状だけで区別をすることが難しくなっています。
この場合には他の要因も考えながら判断することが必要になります。
冬に流行をし、悪寒や頭痛などの症状を伴うようになっています。
このほかには関節痛などもあります。
急に高い熱が出るようになっており、飛沫感染をするのですぐに広まります。

スポンサーリンク

インフルエンザでは咳がでないということはあまりありませんが、このなかで型によって特徴が異なっています。
インフルエンザにはA型やB型やC型というものがありますが、症状に特徴はあっても咳に関してはあまり変わらないようになっています。
また長引くこともあります。
したがって症状が悪化してしまうと、気管支炎や肺炎というような病気を併発してしまうこともあります。
このような長引く症状に悩まされているという場合には、病院を受診して医師に相談をするようにします。
このほかに自分で対処をするという方法もあります。
ハチミツを活用するという方法があります。
このほかには背中を温めるという方法も効果的です。
部屋の中が乾燥をすることを防ぐと症状を和らげることができます。
そして冷たいものを摂取するのを控えるようにします。
このように自分でできる対処法はいくつかあります。
安静にして体力が回復するのを待つと、それにあわせて症状も落ち着いてきます。

スポンサーリンク