MENU

咳ひどい場合はrsウイルスを疑う

スポンサーリンク

乳幼児期に皆が大抵はかかるとされている病気の一つに、rsウイルスがあります。
これは咳や鼻水、発熱等、風邪とよく似た症状が現れることが特徴で、そのため、風邪と勘違いし、適正な治療を行わなかったりするケースも多く見られます。
しかし、早い段階で病院を受診し、薬を服用する等の処置を行えば、決して怖い病気ではありません。
問題は、rsウイルスを見過ごし、処置が遅れ、症状が悪化することです。
幼い乳幼児にとって、厄介なウイルスは細い気管の通り道を狭くし、呼吸をしづらくします。
そのため、痰も絡みやすい、咳ひどい、十分な酸素が血液に行きわたらない、といった状況を生まないためにも、素人判断はやめて、病院を受診することが大切です。
特に咳ひどい、喉の奥がヒューヒューというような音を立てている場合は、喘息の発作とも受け取られかねません。
放っておくと肺炎や細気管支炎に繋がる恐れがあります。
防ぐことのできるはずの病気をを引き起こさないように正しい判断をするのです。

スポンサーリンク

もしrsウイルスが悪化し、それが喘息へとつながった場合、その子は風邪をひいたり、少し喉の調子を崩したりするだけで、気管に影響が出るようになる可能性が高いです。
それが喘息になれば、長期間にわたる薬の服用や吸入をする必要も出てくるので、非常に手間をかけることになります。
また、発作が出た場合につらい思いをするのは子どもたちです。
咳ひどい、等の明らかに普段とは異なる症状が見受けられた場合には、その変化に気づかなければなりません。
また、その他に気を付けなければならないことがあります。
早産児や未熟児は抗体自体が少ないので、うつらないように、またかかっても重症とならにように予防接種をすることができます。
また、周囲へ非常にうつりやすい病気であるため、できるだけおとなしく、二次感染を防ぐように細心の注意を払わなければなりません。
幼い子供だからこそ、自分自身でその症状について説明することが難しいのです。
そのため、親が細かな特徴も見落とさず、適正な対処をすることが望ましいのです。

スポンサーリンク