MENU

咳が止まらず痰が臭いと感じる症状は鼻の病気が疑われます

スポンサーリンク

体に不調が発生した場合には心も暗くなりがちです。
昔はあんなに元気だったのに、病気知らずの体を自慢していたのになど不調をきたしている時には様々な心の葛藤が現れます。
また、もしかしたら重篤な病気ではないのかしらなど疑い始めてしまいます。
最近多い症状の中で咳があります。
喉の奥に何か引っ掛かっている感じがする、喉が痛いなどの症状で咳が止まらないといった症状で悩んでいる人が多く存在します。
また、痰が出てそのニオイが臭いという方もいます。
痰がからむ咳には、蓄膿症などの病気を疑ってみることが必要です。
喉の咽頭部に膿が溜まる場合には鼻の病気が主にあげられます。
蓄膿症を患うと鼻の奥から独特な臭いニオイが立ち込める場合があります。
また慢性的な咳が止まらないといった症状も目立ちます。
少しでも痰がからむような症状がある場合には鼻の病気が隠れている可能性があります。
適切な処置をすることで病気を悪化させることなく完治できます。

スポンサーリンク

また喘息持ちの方も風邪を引いた時に鼻の病気を患う場合も多々あり、喉と鼻は密接な関係があります。
子供や大人の方にも多い喘息の疾患は咳がなかなか止まらない、痰がからむといった症状が多く見受けられます。
痰が切れないので喉に不快感が残るという方も多く存在します。
喉の通りをよくするためには加湿器などを利用すると喉が快適になります。
湿度が不足した時に不快感が生じる場合があるのでできるだけ適度な湿度を保つと楽になります。
また、慢性的な鼻炎が蓄膿症へと発展することも度々あるので痰が臭いと感じた時には早期に治療することが大切です。
病気を慢性化させないことは早期発見が第一です。
日頃の健康管理には気を付けて、いつもと違う不調が発覚した場合には直ちに専門の医療機関へ行きましょう。
中でも3週間以上のから咳が続く場合には風邪以外の病気が疑われる場合もあります。
体調がすぐれない時には無理をせずに体を安静にすること、そして専門医を訪れることが重要です。

スポンサーリンク