MENU

咳が止まらないと共に背中が痛い症状

スポンサーリンク

咳というのはホコリ、ウイルス、細菌、食べ物が気管や肺に入らないようにするために起こる現象なのです。
風邪をひいた時に咳と一緒に痰が出るのも、異物を痰に絡めて咳と共に外に吐き出すために起きるのです。
通常の風邪の場合の咳は、大体2週間ほどで治ることが多いでしょう。
それ以上に長引く場合は、他の病気が隠されていることもあるので病院で診てもらうことがオススメです。
肺炎になると、長引く咳と共に背中が痛いと感じることがあるのです。
咳が止まらない、咳と一緒に痰が出る、痰に血が混じる、息切れ、声のかすれ、全身の倦怠感、胸の痛み、発熱などの症状がある場合は肺炎の可能性があるでしょう。
肺炎は肺に炎症が起きている状態で細菌やウイルス、喫煙、寄生虫などの刺激によって起こることが多いでしょう。
インフルエンザなどの強力なウイルスに感染した時にかかりやすいのが特徴で、激しい咳によって喉の炎症を引き起こし細菌が肺の奥まで入りやすくなってしまうのです。

スポンサーリンク

肺炎は、早期の段階で適切な治療を受けることで完治することのできる病気です。
咳が止まらないや背中が痛いなどの症状がある場合は、早めの治療が大切でしょう。
肺炎の予防方法は、日頃から疲れやストレスを溜めずに身体の抵抗力を低下させないようにすることなのです。
特に高齢者や乳幼児の場合は、抵抗力や免疫力が低いので気をつけましょう。
咳が止まらないや背中が痛い症状の場合は、胸膜炎の可能性もあるでしょう。
肺炎の症状とほとんど同じで、肺炎や結核などの合併症として発症するケースが多いのです。
胸膜炎になると胸痛を感じることが多いでしょう。
胸水が増えることで、心臓や肺を圧迫して咳や呼吸困難をなどの症状が現れるようになるのです。
胸の痛みや呼吸困難などの症状が現れたら、すぐに内科や呼吸器科の診断を受けましょう。
胸水の貯留が多い場合は、胸腔ドレナージを行い胸水を排除する治療を行います。
悪性の場合は、抗がん剤を中注する場合もあるでしょう。

スポンサーリンク