MENU

喘息による咳の止め方

スポンサーリンク

喘息による咳の止め方についてですが原因を知る事で対策と治療は可能です。
まず喘息になる原因ですが多岐に渡ります。
アレルギー体質の方ですと季節の変化で症状がでてしまったり、風邪がきっかけで喘息の症状が現れることもよくある事です。
他にもハウスダストやたばこの煙、乾燥した空気、ストレスや急激な運動と症状が起きる原因は様々ですし人により起きる原因も違います。
これ等と無縁な場所で生活するというのは中々難しいものです。
しかし自身で対策をとる事で予防や早期治療、症状の軽減は可能です。
アレルギーが原因の咳の止め方で最も有効な事は病院に行き診察を受けて自分にあった薬を貰う事です。
アレルギーは風邪とは違い自然に治るのは中々難しいので病院に行く事が1番の対策です。
喘息の症状は夜から明け方に悪化しやすいので放っておくと睡眠の妨げになり症状を悪化させたりストレスを溜めてしまう原因になってしまいますので早めの受診が最も大切となります。
しかし仕事が忙しくて中々病院に行く時間がとれないという方もいますので症状の軽減と対策も知っておくといいです。

スポンサーリンク

自分でできる喘息による咳の止め方ですが、咳の起きる簡単なメカニズムは気管支が冷たい乾燥した空気を吸う事で細くなってしまったり、ゴミや異物を吸う事で気管支が炎症を起こす事で咳がでてしまいます。
なので対策としてまず空気を加湿させる事です。
加湿器を使う事が1番ですが、加湿器が無い場合は洗濯物を部屋に干す事でも有効な対策になります。
次に食べ物や飲み物に気をつけます。
アルコールや辛いものは喉から水分を奪い痰が増える原因となります。
痰が増えると痰を排除するための咳がでやすくなるので、アルコールや辛いものは避けるというのも予防になります。
飲み物はアルコールだけでは無く極端に熱いもの冷たいものもできるだけ避けた方がいいです。
冷たいもので体を冷やすという事は体には良くありません。
熱すぎても喉の粘膜を傷つける原因となるので常温のや温かい飲み物が喉には効果的です。
そして体を冷やさないという事がとても大切です。
免疫力は冷えから低下します。
気管支も冷えると細くなるので体を温めるという事は喘息だけでは無く風邪からも身を守るので体は温めましょう。
普段から生活に気を配る事で予防は可能です。
しかし症状がでてしまった場合は病院に行く事が1番です。
自分で予防やケアをしながらも病院で診察を受け自分にあった治療を受け完治させる事が最も大切です。

スポンサーリンク