MENU

風邪とインフルエンザの咳には咳に効くお茶が効果的

スポンサーリンク

普段何気なくおこる咳は、気管に入り込んだ異物を排除するために人間に備わった防御反応であり、健康な身体のために必要不可欠なものです。
しかし一口に咳と言っても、問題ないタイプの咳と病気などが原因でおこるタイプの咳があるので咳が続いたり、普段の咳と違うと感じた場合には早めに医療機関で診察、検査をする必要があります。
それではどのような咳が問題があるのか見ていきます。
まず問題がない咳は、異物が侵入したり空気の乾燥などによって一時的に起こるもので持続することはなく、異物が排出されたり喉が潤うことで症状は治まります。
しかし問題がない咳でも咳をすることで喉に負担がかかってしまうので、空気の乾燥からくる咳の場合には咳に効く紅茶やハーブティー、緑茶などのお茶を飲んだり、お茶でうがいをすること、外出時には大気汚染やほこりなどの異物の侵入を防ぐためにマスクを着用するなどといったことを意識的に行うことで予防することができます。

スポンサーリンク

次に病気からくる咳の場合は風邪やインフルエンザ、気管支炎、喘息、アトピー、副鼻腔気管支症候群、逆流性食道炎、肺炎、結核、肺ガンなど様々な病気があります。
これらの病気は咳以外にも様々な症状があらわれますが、咳が3週間未満の場合は急性で風邪やインフルエンザ、急性気管支炎に多く見られ、3週間以上続く時には遷延性や慢性と判断します。
どのタイプの咳も治療が必要となりますが、特に3週間以上も咳が続いている場合には重度の病気が原因の可能性もあるので特に注意が必要で、様々な検査を行い早急に治療をする必要があります。
風邪やインフルエンザなどの急性の咳の場合はセルフケアで予防も改善も可能です。
その方法は空気の乾燥対策と同じで咳に効く紅茶やハーブティー、緑茶などのお茶を飲んだり、お茶でうがいをすることでケアができます。
その他にもお茶に抗酸化作用のあるハチミツを入れたり、梅干を入れたりすると咳に効く効果がアップします。

スポンサーリンク