MENU

咳を我慢する方法について

スポンサーリンク

風邪を引いている訳でもないのに、咳が止まらないという人がいます。
 これは大変つらいものですが、本格的な治療をしている暇がなく、静かにしていなければならない場に赴かねばならないときなど、どうにかそれを我慢せねばなりません。
 今回はそんなつらい状態を、セルフで我慢する方法について説明していきます。
 乾いた空咳が続く際に有効とされるのは、熱いお茶を飲むことです。
これは咳き込んでいるときなどに、お茶を飲むと気分が落ち着くことが多いため、分かりやすい方法の一つとなります。
 痰はウイルスに代表される有害なものと身体の免疫が戦ってできるものですから、基本的にそれを口から排出した方がよいのですが、何度もゴホゴホとやるのは喉が痛むし精神的にもきついものがあります。
 しかし、お茶を飲むと、そうした有害物質が流され、尿と共に排出されるようになります。
苦しみから解放される手段としては手早く、尚且つ簡単なため、一番推奨できるものです。
 紅茶や番茶などを用いるとよいでしょう。

スポンサーリンク

 冷たい湿布を用いて、喉や胸を冷やすのも効果的です。
入浴して身体を温めると、咳が悪化することが多いため、そちらは控える必要があります。
 大根を細かく刻んだものを蜂蜜につけて、そこから取れた汁を朝昼晩飲むという方法も有効です。
 これは昔から伝えられている民間療法の一つで、痰が絡んで苦しいときに用いるとよいとされています。
 似たような手段として、蜂蜜を溶いたお湯を、その蒸気を吸い込むようにしながら飲むと、喉が楽になるというものがあります。
 ただ眠るという手法も効果があります。
これは眠ることにより体力を回復させ、免疫力を高めるというものです。
 非常に単純な手法ですが、それだけに誰でも実行できます。
 咳が酷くて眠りに就くのさえ難儀という場合は、我慢して仰臥するのではなく、横臥するなど、若干の工夫が必要になります。
 咳き込む原因の一つとしてあげられているのは、ダニやカビ、ハウスダストなどの家の汚れです。
身体のことばかりではなく、周囲の環境も改善するようにしましょう。

スポンサーリンク