MENU

子供の咳とプールについて

スポンサーリンク

暑い時期になると、子供はプールにはいることを非常に楽しみにしています。
冬とは異なり気温が高いということで、体調が落ち着いているという子供も多くなっていますが、やはり体調を崩すこともあります。
夏にも風邪をひくことがあります。
夏は暑いということでプールに入らせたいと考えるのは当たり前のことですが、風邪をひいた後で熱は下がっても、鼻水や咳が出ているという場合には、いつからプールに入れたらいいのか判断することが難しくなっています。
そこで判断基準は次のようになっています。
熱が出ることがありますが翌日には下がっているということがあります。
このような場合には入れないようにします。
前日に高熱が出ていたという場合には控えるようにします。
今熱が下がっていても、夕方にはまた上がってくることが考えられるからです。
また鼻水が出ているということがありますが、この場合色が青い場合には控えるようにします。
風邪が治りかけと考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。

スポンサーリンク

鼻水が緑色の時には、ウイルスや細菌と戦った後の死骸が膿のようになっているからです。
鼻水が青いということは、体がまだウイルスと戦っていると判断することができます。
このような状態で子供がプールに入ってしまうと、風邪などをぶり返してしまう可能性が高くなります。
咳が出ているということがありますが、咳に痰が絡んでいるときには控えるようにします。
痰が絡むということは、鼻水が青いことが多いからです。
咳を何度もしているというようなときにも控えるようにします。
プールに入れる基準は次のようになっています。
それは前日から熱が下がっているということと、鼻水が出ていてもさらさらの状態であるということです。
また咳がたまに出る程度であれば入れても問題はありません。
しかし水の中にはいるということは、体力をたくさん消耗することになります。
いつもよりも元気がない場合や様子が違う場合には、休ませるということが大切です。
体調を崩す原因となってしまいます。

スポンサーリンク