MENU

子どもの咳を止める方法について

スポンサーリンク

子どもが咳をするという光景をよく見かけることがあります。
喘息などという病気もありますが、咳をしているときには非常に苦しそうです。
したがってできるだけ楽にしてあげるために止める方法をしっかりと理解しておくと安心です。
子どもの場合夜中に咳がひどくなる傾向があります。
昼間はそれほどひどくはなかったのに、夜寝るときに急に激しい咳が出るというのも決して珍しいものではありません。
あまりも症状がひどい場合には、吐いてしまったり呼吸困難になってしまったりするので注意が必要となります。
救急車を呼ぶほどでもないけれど、何とか症状を軽くしたいという場合には、どのように対処をすればいいのか気になります。
なぜ夜に咳が出やすくなっているのかというと、鼻水が下に流れずに喉の奥にたまりやすくなってしまうので、その結果咳が出やすくなってしまうのです。
また寝ているときには肺の動きが制限されるようになっているので、呼吸の時の負担が増えてしまうのです。

スポンサーリンク

したがって子どもの咳を止める方法としては、夜中に咳き込んだ場合にはまず上体を起こすということが基本となります。
このほかに咳を止める方法としては、椅子に座らせたりクッションや毛布などを使って前屈みの姿勢にするというのも一つのポイントです。
乳幼児の場合の咳を止める方法としては、横抱きではなく縦抱きにするようにします。
この時に背中を優しくたたいてあげるようにします。
冷たい空気が悪影響を及ぼすこともあります。
冷たい空気は期間を刺激するので、咳を出しやすくなってしまいます。
とくに秋から冬という季節は乾いた空気が発生し、昼と夜の寒暖差が激しくなっています。
温度差が急に下がってしまうので咳が出やすくなってしまいます。
これを解消するためには、部屋の温度差に注意をすることが必要です。
また咳を止める方法として食べ物があります。
はちみつ大根を作ったり生姜湯にはちみつを混ぜて飲ませると効果があります。
部屋の中に加湿器を置くという方法も効果的です。

スポンサーリンク