MENU

花粉症で夜咳が止まらないときには

スポンサーリンク

花粉症に悩まされているという人がいます。
花粉症の主な症状としては咳やくしゃみが出たり、目がかゆいというようなことがあります。
このほかには鼻水がたくさん出るというような人もいます。
春に多く見られる症状となっていますが、病院で薬を処方してもらうという人もいます。
この中で夜花粉症で咳が止まらないという症状に苦しめられている人がいます。
夜に咳が止まらないということになると、体力を消耗して睡眠不足となってしまうので、朝すっきりとした気分で目覚めることができません。
なぜ花粉症で夜に咳が止まらないのかというと、原因としては次のようなことが考えられています。
花粉症というのはアレルギー症状の一種となっています。
この中で免疫システムの異常が発生していると考えられています。
人間の体には免疫というものがあります。
これは細菌やウイルスを攻撃するという力になります。
アレルギー症状が出る人はリンパ球が増えすぎる傾向があります。

スポンサーリンク

夜に症状が出やすくなっているのは、自律神経の副交感神経が優位に働いているからです。
副交感神経が優位の時にはリンパ球の数が増えると考えられています。
そこで少しでも症状を落ち着かせるためにはいくつかの対策があります。
そのなかでのど飴や喉スプレーを使うという方法があります。
これで喉を潤すことができます。
加湿器を使うという方法もあります。
部屋の中が乾燥をしていると、喉も乾燥をして咳が出やすくなってしまいます。
したがって部屋の中をしっかりと潤すように心がけます。
空気清浄機というものがありますが、これを使って部屋の中をきれいにするように心がけます。
これで花粉のない空間を作ることができます。
日常生活のなかで心がけることもあります。
それは手洗いやうがいをすることです。
うがいをすることで喉が潤されます。
またマスクを付けるとのどの乾燥を防ぐだけではなく、花粉が体の中に入ってくることを防ぐことができます。
水分補給も効果的です。

スポンサーリンク