MENU

黄色い痰や緑の痰がでる咳が止まらない症状とは

スポンサーリンク

咳が止まらないという症状が起きると風邪なのかアレルギーなのかまた別の病気なのかと心配になります。
痰の色も症状により異なり透明であれば黄色や緑と様々です。
そういったものの知識を持ち考える事で予防や対策をとる事ができるので原因について考えていきましょう。
まず咳が止まらないという症状のみで考えられるのはアレルギーによる気管支喘息です。
アレルギーが起きる原因は人により異なりますが、ハウスダスト、たばこの煙、ストレス、季節性と様々なものがあります。
また特に多いとされる原因は風邪がきっかけで起きるアレルギーです。
この場合風邪による咳なのか喘息による咳なのか自身ではわかりにくい事もあります。
気管支喘息の症状は気管支が炎症を起こす事で痰が過剰にでたり気道が細くなる事で咳がでやすくなったり息苦しくなったりします。
夜から明け方に症状がでやすいのが特徴です。
昨今の研究では高齢になって初めて喘息が起こる事がわかりました。
過去に喘息の経験が無い方だと自分では喘息かどうかはわかりません。
なのでまずは病院に行く事が大切です。
しかし中々忙しくて病院に行く事ができないという方もおられるので不安に陥らないための知識をつける事も大切です。

スポンサーリンク

咳が止まらないという症状でも痰の色によって症状が様々です。
まず黄色い痰がでる場合は風邪や気管支喘息が考えられます。
黄色になる理由は風邪の菌と自身の免疫が闘った結果、体からゴミを排出してそのゴミが黄色の痰となって体外に出ます。
風邪の時は同じ理由から鼻水の色が濃いのでわかりやすいです。
緑色の場合に考えられるのは長期の喫煙者の場合に起こりえる気管支喘息。
その他に稀な例として逆流性食道炎、緑膿菌、血が混ざった場合は結核の症状という可能性があります。
症状は人により様々なので一番正確で確かな事は病院に行く事です。
仮に万が一の病気であったとしても早期発見であれば治療さえすればすぐに回復できます。
気管支喘息やアレルギーといったものは自然治癒では治りにくいものなのでいずれにしろ病院に行く事は大切です。
喘息はストレスも大きな要因とされていますので症状が苦しくて夜眠れないという事になるとストレスも溜まりますし体そのものにもよろしくありません。
なので自分にあった薬を処方して頂き症状を緩和させ抑える事がとても大切となります。
できるだけ早く病院に行き規則正しい生活を維持する事で様々な病気の予防となります。

スポンサーリンク