MENU

咳でえずく病気の原因について

スポンサーリンク

えずくほどに咳をした経験を持つ人は、少なからずいます。
これは風邪を悪化させたときに見られる現象の一つだからです。
 気持ちが悪いと感じても、原因が明らかなので、絶望感を感じた人はさほどいません。
 しかし、えずくほどに咳をしてしまう病気というのは、風邪以外にもいくつかあります。
今回はその病気とその原因について紹介していきます。
 インフルエンザは風邪と同じく冬になると流行ります。
予防接種を受けるようにと促すニュースがその時期は流れることが多いため、季節を意識させるものの一つになったとさえ言えます。
 しかし、いかになじんできたとは言え、空気を媒介して感染する病気であるため、油断は禁物となります。
 咳喘息は、近年女性を中心に流行しています。
風邪を引き金に発症し、風邪そのものは治ったはずなのに、一ヶ月以上にわたりしつこい咳が続きます。
 発熱はありませんが、吐き気を感じる(えずく)ことが多く、放置しておくと気管支炎になることがあるため、注意が必要です。

スポンサーリンク

 咽頭反射から吐き気が起きる場合もあります。
これは風邪で喉に炎症ができて、喉の奥に刺激が加わると吐き気を感じるというものです。
 激しい咳をしているうちにえずくという人は、これを患っている(喉に酷い炎症がある)と考えてよいでしょう。
 食べ物を飲み込む際にも苦しむことが多いため、生活に支障が出る病気でもあります。
耳鼻科などで治療できるので、専門医の診察を早めに受けるようにしましょう。
 喉に炎症を起こすことにより苦しむものとしては、逆流性食道炎もあります。
 これは名前にあるように、胃の内容物が食道に逆流し、そこを痛めることにより咳や吐き気をもたらします。
 発症の原因として考えられているのは、暴飲暴食や激しいストレスです。
これを患った場合は、治療が遅れると手術が必要になるため、日頃の生活態度の改善が求められます(風邪が原因による不調だと思い込む人は少なくありません)。
 このように、単なる風邪だと思われていたものが思わぬ大病だったという事例は目立ちます。
日頃から健康管理をきちんとするようにしましょう。

スポンサーリンク