MENU

咳喘息とアルコールの関係について

スポンサーリンク

風邪を発症した場合において咳が中々完治しない場合には、咳喘息という病気を合併症として発症している可能性があります。
この病気を発症している間については、基本的にアルコールは摂取しない方が良いとされています。
アルコールは体内の神経や臓器に負担をかけてしまうことから、逆に咳喘息といった病気の症状を悪化させてしまうことがあります。
体内にアセトアルデヒドという物質が出来てしまい、それによって気道を収縮させるので咳が出やすくなってしまいます。
また欧米人に比べて、日本人はこの物質を分解しにくいという特徴もあります。
なので少量の飲酒によってもこういった傾向が出やすくなってしまうため、お酒にあまり強くない方は十分に注意が必要です。
よって咳喘息を発症している場合においては、基本的に飲酒は控えた方が良いという結論になります。
特に普段から飲酒する習慣がある場合においては、病気や症状が完治するまで禁酒する必要があります。

スポンサーリンク

 咳喘息という病気を発症している時にアルコールを摂取してしまうと、アセトアルデヒドという物質の影響を受けてしまいます。
気道が狭くなって咳が出やすくなってしまいますが、注意すべき点についてはこれだけではないです。
咳喘息という症状を患っている場合においては、アレルギーについても敏感になってしまうことがあります。
花粉症やハウスダストといった影響を受けやすくなり、対策としては次の通りとなっています。
最初に花粉症における対策として、外出時はマスクを着用して鼻や口に花粉が入らないように工夫をしていきます。
また洋服にも花粉が付着していることもあるので、自宅から帰宅した時には軽く衣類を手で払っていきます。
そしてハウスダストの対策としては、こまめに部屋の掃除をすると同時に空気の入れ替えを行うことが重要です。
可能であれば1週間に数回ほど布団を外に干すことによって、ハウスダストによる影響を受けにくくなるというメリットが得られます。

スポンサーリンク