MENU

夜横になると咳が止まらないときには

スポンサーリンク

風邪をひいたときにたくさん咳がでることがありますが、夜横になると咳が止まらないというような症状に悩まされているという人がいます。
昼間はそれほどひどくはないのに、夜横になると咳が止まらないということがあります。
この時に考えられる原因としてははっきりとわかっていません。
しかし眠ることができないというようなひどい咳が出るときには、何か病気が関係していると考えられます。
夜横になると咳が止まらないときに考えられる病気としては、咳喘息があります。
これは体を横にするということと大きな関係があります。
なぜ咳が出るようになっているのかというと、横になることで内臓の血行が促進されるようになっています。
したがって内臓系の病気があるという人は、横になることで症状を軽くすることができると考えられています。
しかし例外もあります。
それは肺疾患や心臓疾患の場合です。
この場合には上半身を起こして血液の流れをよくすると早く回復をすると考えられています。

スポンサーリンク

人間は風邪をひいたときにさまざまな症状が体に現れるようになっていますが、風邪の症状が治まっても咳だけが長引くということがあります。
この場合咳喘息を発症していると考えます。
咳喘息の発症に関しては、風邪の後に見られることが多くなっています。
また痰が出る間は咳が止まるということはありません。
したがってここで大切なことがあります。
それはしっかりと痰を出すようにするということです。
咳は時間の経過と共にひどくなります。
7日目から9日目の夜にはピークを迎えるようになっています。
しかしこの時期を過ぎて体を起こすと一瞬楽になります。
しかし横になると再び咳がひどくなってしまうのです。
このような状態が繰り返し現れるようになっています。
咳喘息に関しては、ゆっくりとした時間の中で1ヶ月程度で症状が治まると考えられています。
自宅で対処をすることもできますが、あまりにも症状がひどくてつらいという場合には、病院を受診するようにします。

スポンサーリンク