MENU

風邪が治りかけの咳はうつるのか

スポンサーリンク

風邪をひいたときには、咳がたくさん出るということがあります。
このほかにもさまざまな症状が現れるようになっています。
発熱があったり鼻水などの症状に悩まされるということがあります。
そのなかで咳をするということが多くなっていますが、これは体の中に侵入した細菌やウイルスを外に出そうとしている、人間の防御反応と判断することができます。
したがって非常に大切なことになります。
我慢をすると症状が悪化して苦しくなってしまうこともあります。
一定の期間を経過すると、風邪も治るようになりますが、この治りかけの時に咳が出ている場合には、他の人にうつる可能性があるのかが気になります。
ある程度症状が落ち着いてもまだ咳が出ているという場合には、体の中にまだウイルスや細菌が残っていると判断することができます。
したがって他の人にうつる可能性はあります。
治りかけであるからといって油断をしないようにします。
このほかに風邪の治りかけの時には注意をしなければいけないことがあります。

スポンサーリンク

風邪は治りかけが大切とよく考えられていますが、症状が落ち着いてきたからといって無理をしてしまうと、再び症状が悪化してしまいます。
しかし治りかけた頃に同じ症状を繰り返してしまうということがあります。
この時には同じ風邪ではないのです。
この点に注意をする必要があります。
ウイルスに感染をしたときには、喉や器官の粘膜に大きなダメージを受けるようになっています。
人間の体の中では、この侵入したウイルスを殺菌していくということが行われていますが、このウイルスと戦うことで体の免疫力が低下しているのです。
ここに新しいウイルスが侵入してくると、再び同じような症状に見舞われるということになります。
したがって他の人にうつるということもありますが、治りかけているときには、外からのウイルスをしっかりと防御することが大切になります。
この時期には緑色や黄色の濃い鼻水が見られるようになっています。
しかしこの間もまだウイルスとの戦いが続いているので、注意が必要になります。

スポンサーリンク