MENU

咳がひどい時の対処法について

スポンサーリンク

風邪をひいた時や喉がイガイガする時に、咳が出ることがあるのです。
咳は、呼吸をした時に酸素などが通る気道に入り込んだホコリを取り除く為に起こる症状なのです。
3週間以内に治まる咳は、風邪やウイルス感染の可能性が高いでしょう。
8週間程続く場合は、ウイルス感染以外に肺や喉の病気の疑いがあるのです。
なかなか治らないようであれば、病院で診てもらうことが大切です。
昼間は問題ないのに、夜になると咳が酷くなる場合があるでしょう。
それは自律神経の副交感神経が活発になることが関係しているのです。
副交感神経には、筋肉の緊張を緩めて体をリラックスさせる効果があるのです。
しかし筋肉が緩むことで気道が狭くなり、粘膜が敏感に反応して咳が出やすくなるのです。
寝る時に仰向けになることで、痰や鼻水が気道に流れ込むことも原因の一つになるでしょう。
布団にダニやホコリがついていると、アレルギー反応を起こして咳が出やすくなるのです。
そば殻を使った枕なども注意が必要です。

スポンサーリンク

咳がひどい時の対処法では、加湿して喉を潤す方法がおすすめです。
咳を頻繁にしていると、喉が乾燥して更に咳が止まらなくなるでしょう。
加湿器があれば、部屋の湿度を70%にするように心がけましょう。
濡れたタオルを置いたり、水を入れたコップを置いておくのも効果があるのです。
マスクをして寝るのも、咳がひどい時の対処法になるのです。
マスクをすることで、息に含まれる水分がマスク内に充満して加湿している状態になるのです。
濡れマスクなどは、さらに保湿効果を高めることができるでしょう。
ホットドリンクを飲んで喉を潤すことも、咳がひどい時の対処法なのです。
柚子や生姜には、抗菌・抗ウイルス作用があるのです。
ホットレモンジンジャーやホット柚子ネードなどの飲み物がおすすめでしょう。
ホットミルクは、痰が絡みやすくなるので控えるようにしましょう。
喉を温めてあげると、ウイルスの繁殖を妨げて喉の腫れや痛みを緩和させる効果があるのです。
ネックウォーマーやマフラーなどを巻いてあげるといいでしょう。

スポンサーリンク