MENU

気管支炎の咳を止める方法について

スポンサーリンク

気管支炎という病気があります。
これは風邪の延長と考えることができますが、小児科でこの病気と診断されたことがある人が多くなっています。
この病気にはどのような特徴があるのかというと、風邪の延長と考えることができます。
風邪をひいた後に、喉や鼻というような上気道というところの炎症から症状が現れるようになっているのが風邪となっていますが、これに対して気管支炎は少し下の方の気道に炎症が発生していることになります。
空気の通り道となっているので、ここが炎症を引き起こすと咳がひどくなってしまいます。
この咳を止めるというのが気管支炎の治療法となっています。
具体的にどのような症状が現れるようになっているのかというと、基本的には咳が出るようになっています。
このほかには喉の痛みや鼻水や発熱などの症状が現れることもあります。
気管支炎の治療の際には薬が使われるようになっています。
原因がウイルスとなっているので、対症療法が中心です。

スポンサーリンク

咳がたくさん出ることがあるので、咳を止める必要があります。
咳を止めるために鎮咳剤というものが使われるようになっています。
これは気管支炎の最もつらい症状である咳を止める効果がある薬となっています。
しかし完全に止めてしまうと、体の中のウイルスや細菌を外に出すことができません。
これでは病気を根本から治療することができません。
咳は人間の防御反応でもあるので、薬を使ってつらい症状を少しでも楽にするということが行われています。
このほかの方法としては、テープや吸入薬を使う方法があります。
ぜいぜいというような呼吸が見られるときには、それを改善する方法としてテープや吸入というものがあります。
狭い気管支に痰が出て狭くなることが影響して発生するようになっていますが、気管支を広げるために貼り薬や吸入を使って治療が行われることがあります。
細菌感染が疑われるときの治療法としては、抗生物質が使われるようになっています。

スポンサーリンク