MENU

クループ症候群は咳でうつることがある病気

スポンサーリンク

小さい子供の発症率が高い病気としてクループ症候群というものがあり、声を出す声帯周辺に炎症が起きてしまう病気となります。
原因についてはウィルスや細菌ということがあるため、他人の咳からうつるというケースがあります。
そのため保育園や幼稚園や学校といった場所において、発症率が高くなっていることが特徴となります。
これらの場所では多くの子供や大人が集まっているため、咳やくしゃみなどによって空気感染の影響を受けやすくなっています。
また一度うつってしまうと、昼間に発症するよりも夜間に症状が悪化しやすいこともクループ症候群の特徴となります。
これは細菌やウィルスの影響が関係しており、日中よりも夜間の方が症状が悪化しやすくなっています。
なので保護者はこういった病気にうつるという事態を避けるために、日頃から子供の体調管理について徹底することがポイントです。
またマスクを着用するといった対処法でも、この病気の発症率を減少させることが出来ます。

スポンサーリンク

 クループ症候群という病気は子供の発症率が高くなっており、保育園や幼稚園などで集団感染することでうつるケースが多いです。
そのため咳やくしゃみなどによって感染することが多いですが、クループ症候群を発症すると次の症状を発症してしまいます。
主に声帯周辺に炎症が発生する病気であるため、比較的多い症状として声が枯れるまたは出にくくなることが多いです。
これは細菌やウィルスの影響が関係しており、喉に違和感や痛みを感じることが多いのも特徴となっています。
また症状が悪化すると息苦しくなってしまうこともあり、さらに顔色が悪くなってしまうこともあります。
小さい子供は自分の体調変化を上手に伝えられないことが多いため、少しでも異変を感じたらすぐに病院に連れていくことが大切です。
さらに子供の世話をしている保護者にもうつってしまうことがあるので、看護している時にはマスクを着用して二次感染を予防または防ぐ対策をすることが重要です。

スポンサーリンク