MENU

咳が止まらない場合は癌を疑う必要がある

スポンサーリンク

季節の変わり目に体調を崩し、咳が止まらないという状態になったという人は、少なくありません。
 しかし、単なる体調不良や風邪などであれば、身体が気温になれるか、風邪薬の服用などでそれを治すことが可能です。
 しかし、一ヶ月以上経っても咳が止まらないという場合は、別の病気を患っている可能性が高いと言えます。
 今回は、そうした場合に何が考えられるのかと、その対処法について説明していきます。
 咳が止まらない原因としてまず考えられるのは、先にも述べたように風邪となります。
風邪は100種類状の細菌やウイルスが原因で引き起こされるため、これを完全に防ぐ手立てはありません。
 大人であれば、一晩眠るだけで病状が改善しますが、子供だとしばらく寝込むというのが珍しくありません。
 また、完治したと思っても、咳だけはしばらく続くことがあるため、癌ノイローゼ気味の人が、肺をやられたのではないかと考えてしまう傾向にあります。
 単純でなじみのある病気ですが、それだけに強いストレスの原因になることがあります。
注意が必要です。

スポンサーリンク

 咳き込む病気の定番、その一つに数えられているのが、気管支喘息です。
 この病気は抵抗力がない子供がなるようなイメージが強いのですが、実は何歳でも発症します(それまでアレルギーを患ったことがない人でも患い、驚かされることが多々あります)。
 近年では60歳を過ぎてから罹患する人が増加傾向にあります。
 この病気を患うと、痰が粘着性を帯び、気道を閉塞させることがあります。
癌ノイローゼを患わせることもあるため、体調が悪いと感じた段階で、専門医の診察を受けるようにしましょう。
 咳喘息は名称こそ喘息がつきますが、喘息とは違う症状が出ます。
発作的に咳が出るようになるのです。
ストレスや肉体疲労が発症原因だと言われていますが、正確なところは分かっていません。
 肺癌は喉が嗄れた状態で出る咳が、まったく治らないことを第一の特徴にしています。
血痰が出たり、胸に強い痛みを感じたりもします。
 しかしこれらの症状が出ても、必ずしも肺癌とは限らないため、人間ドックなどで詳しく検査する必要があります(思い込みで自分を追い詰めないようにしましょう)。

スポンサーリンク