MENU

咳に効く料理があります

スポンサーリンク

風邪はひき始めに対処することが大事だと言われています。
つまり、風邪かなと思った時点で何か対応しないと、熱が出て進行します。
そのため、喉がイガイガする、鼻水がなぜか垂れるといった小さなことでも気付いたら、風邪を疑いましょう。
では、風邪の初期対応として何をすべきか症状別に説明していきます。
はじめに喉がイガイガする、痰が詰まるといったときにすべきことです。
まずは咳に効く料理を食べましょう。
咳に効くということは、つまり喉にいい料理のことです。
しょうがや蜂蜜が挙げられます。
しょうがや蜂蜜をそのまま飲むのは大変なので、しょうがはスープや紅茶に入れて、摂取しましょう。
しょうがのすっとした味わいも、咳に効く成分です。
蜂蜜は甘みもあるので、紅茶との相性は抜群です。
夜寝る前に飲むと、喉を潤し、水分補給にもなるのでオススメです。
このように風邪の症状を抑える料理をとることだけでも効果があるので、自分の体調をみながら実践してみましょう。

スポンサーリンク

次に頭痛や鼻水が出てきた場合です。
頭痛はなかなか自然には改善されないので、我慢せずに頭痛薬を飲みましょう。
その上で、あまり無理をしないことです。
早めに帰宅し、寝ることが一番です。
鼻水も完璧に抑えることはできませんが、温かいスープや味噌汁を飲み、体を温めることです。
そして、お風呂は長湯をせずに早めに出て、髪を早く乾かしましょう。
体の冷えは大敵なので、油断をせずに休息をしましょう。
全ての症状に言えることは、栄養を取り、早く休むことです。
温かいものは体を温め、弱った体のエネルギーアップにつながります。
さらに体が弱っているときは、消化の良いもので栄養を取りましょう。
胃腸などの内臓も刺激をしないように、おかゆやお鍋などさっぱりとして優しいものがベストです。
そして、抵抗力が弱っているときだからこそ、マスクをしたりのど飴を舐めたり、最善を尽くすことです。
すると、徐々に体が元気になり、風邪の菌が抜けていくでしょう。

スポンサーリンク