MENU

咳をすると脇腹や肋骨に激痛が走るときには

スポンサーリンク

風邪をひいたときに咳が出ることがありますが、このような症状がなかなか改善しないということがあります。
そして数日が経過したときに激痛が走ることがあります。
脇腹や肋骨に激痛が走るというような場合には、骨にひびが入っていたり骨折をしている可能性が高くなります。
咳が長く続いてその結果、脇腹や肋骨に激痛が走る場合には、疲労骨折の可能性が考えられます。
ここで考えられる原因としては、風邪による咳となっています。
これで小さなひびが肋骨にはいることがあります。
このような状態が長時間続く場合には、激痛が走ることもあります。
これは咳をすることで同じ部分に小さな力が加わることになります。
そして疲労が蓄積することで異常が発生するようになっています。
症状に関しては、程度によって違いがあります。
しかし風邪で短期間の咳の場合には、小さなひびが入るようになっています。
これが喘息や気管支炎ということになれば、完全に骨折をしてしまうことが多いです。

スポンサーリンク

肋骨は非常に弱い部分となっています。
したがって日常生活のなかでひびが入ってしまうというのは珍しいことではありません。
痛みを感じるという場合には、整形外科を受診するようにします。
治療方法はどのようなものがあるのかというと、患部に湿布を貼ったり、患部を固定するようなサポーターを利用するようにします。
ひびが入っているという場合には、2週間から3週間で痛みが改善されるようになっています。
しかし完全に治療をするということになれば、1ヶ月以上かかることもあります。
疲労骨折では、脇腹に痛みが発生し骨が弱くなっている高齢者に発生しやすいと考えている人がいますが、若い人でも発生することがあります。
そのなかでもとくに若い女性に発生しやすいと考えられています。
このほかに咳が続くことで、肋骨にある神経が圧迫されて痛みが発生することもあります。
これは肋間神経痛と呼ばれています。
ここにはたくさんの神経が集中しているということで、痛みが発生しやすくなっています。

スポンサーリンク