MENU

咳による肋骨骨折の症状について

スポンサーリンク

体の一部分を強打したときには、骨が折れるということがあります。
運動をしているときやふとした瞬間に骨が折れてしまうということは珍しいことではありません。
しかし人間の臓器を包んでいる肋骨といわれる部分を骨折したと気には非常に心配になります。
肋骨にひびが入るというようなことを耳にすることがありますが、この場合には入院をしなければいけないのか、また治療期間がどれくらい必要なのかが気になります。
人間の体には肋骨といわれるところがありますが、左右に各12本ずつで合計24本の骨があります。
これらが内臓を包むように存在していますが、それはなぜなのかというと、内臓を外からの衝撃から守るためとなっています。
骨は硬いと考えている人がいますが、1本1本は細くて折れやすくなっています。
したがって咳をするだけでひびが入ってしまうということも珍しいことではありません。
内側部分には心臓や肺などの非常に大切な臓器が存在しています。

スポンサーリンク

このように臓器を守るという重要な役割があるにもかかわらず、骨折をしやすいという特徴があります。
そこには理由があります。
肺という部分がありますが、これは呼吸をするときに大切な部分となっています。
この部分の骨が硬くなってしまうと、呼吸をスムーズに行うことができません。
実際に骨折をしたときにはどのような症状が現れるのかというと、症状に気がつかないという人も少なくありません。
痛みの症状がないという場合もあります。
骨がずれなければ痛みが発生するということがありません。
何か強い衝撃を受けたときに骨が折れることがありますが、このほかに考えられる原因としては咳があります。
咳が長引いてこれによって肋骨に衝撃が加わり、ひびが入ったり骨折をすることがあります。
実際に症状に気がつかないことが多くなっていますが、場所によっては呼吸をするときに違和感があったり、咳をすることで激しい痛みが発生するというようなこともあります。

スポンサーリンク