MENU

咳喘息の症状や治療とシムビコートについて

スポンサーリンク

咳喘息は風邪をひいているわけでもないのに咳の出る状態が長く続くことを指します。
風邪をひいた時に咳が出るようになるのは、上気道が炎症を起こしていることによるもので珍しくはありません。
ただ、それと同様の治療薬を咳喘息のケースで用いてもほとんど効果はありません。
症状が出るのは、気道が狭くなったり、気道を刺激する様々な要因に対して過敏になることによるものです。
喘息のように喘鳴や呼吸困難にまで陥ることはありませんが、放置していると喘息になってしまうケースもあるので、早めに治療する必要があります。
患者の中にはアレルギー症状を抱えている人が少なくなく、ホコリや微生物の死骸といったものを吸い込むことが発作を引き起こすと考えられています。
また、自身の喫煙や周囲からの副流煙などタバコによる影響、飲酒などもその刺激が症状を引き起こす要因になると見られています。
風邪と併発することも多く、風邪の後に咳が長引く場合は咳喘息の可能性があります。

スポンサーリンク

咳喘息が疑われる場合、診断基準による簡易の問診や痰の状態、血液検査などによって診断を行います。
咳喘息と診断されると、気管支拡張薬やステロイド薬などを使った治療に入ります。
比較的症状が軽い場合には気管支拡張薬で対応しますが、症状が酷かったり、気管支拡張薬で効果が見られない時にステロイド薬を使用します。
ステロイド薬には吸入タイプと経口タイプがあり、シムビコートは吸入タイプのステロイド薬です。
シムビコートには、気管支を拡張する効果と気管支の炎症を抑える効果を持つ2つの成分が入っています。
後者の成分がステロイド薬で、喘息の症状を抑える役割を果たしています。
経口タイプに比べると含有量が少ないので副作用の心配は少なくなっています。
主な副作用には声枯れや口腔カンジダ症などがありますが、吸入後のうがいが副作用を抑えるのに効果的です。
喉にシムビコートが残ると副作用を引き起こす原因になるので、しっかりうがいすることが大切です。

スポンサーリンク