MENU

咳喘息の症状とうつるのか

スポンサーリンク

咳喘息という病気があります。
これは咳がたくさん出るようになっていますが、どのような特徴があるのかが気になります。
咳喘息は風邪などをひいた後に咳だけが2週間や3週間も続くというような症状となっています。
しかし痰が絡むということがなく、朝起きたときや夜中にひどくなる傾向があります。
急に暖かい部屋から寒い部屋に行ったときや、たばこの煙などが原因となって症状が悪化することがあります。
しかし発症しやすい人の傾向があります。
咳喘息は、アレルギーを持っている人が発症しやすいと考えられています。
またこのような症状が体に現れているにもかかわらず、放っておくと本格的な喘息の症状を引き起こしてしまうことがあるので、早めに対処をすることが必要になります。
病院を受診するという形になりますが、ここでは一定の診断基準というものがあります。
それは痰の検査を行ったときに、痰のなかの好酸球という白血球の一種が増えるようになっています。

スポンサーリンク

咳喘息を引き起こす原因として考えられているのは、次のようなものとなっています。
それはたばこの副流煙であったり、室内外の温度差になります。
このほかにはホコリやダニなどのハウスダストが原因となっていることがあります。
運動や飲酒、ストレスが関係していると考えられています。
咳がたくさん出るというような症状がありますが、ここで気になるのは他の人にうつるのかどうかです。
咳喘息を発症するとうつるのかというのが気になりますが、これは気道の粘膜が敏感になっている状態なので、ウイルスや細菌が関係しているということではありません。
したがって他の人にうつることはありません。
しかし咳喘息を発症させる要因としては風邪などがあります。
風邪に関しては他の人にうつるようになっているので、注意をする必要があります。
また口の中や気管が乾燥することで症状が悪化してしまいます。
したがってマスクを着用することでこの部分を潤すことができるので、これも対処法の一つとなります。

スポンサーリンク