MENU

幼児の咳と嘔吐の対処

スポンサーリンク

子供が咳き込んでしまうということがあります。
小さな体で非常に苦しそうなので、何とか対処法はないかと考える人がいます。
幼児の体は未発達で気管も狭くなっているので咳き込みやすくなっていますが、この中で同時に嘔吐をすることがあります。
嘔吐の症状があるときには非常に心配になってしまいます。
幼児が急に嘔吐をしてしまうと、周りにいる大人は驚いて慌ててしまいます。
胃が未発達ということで、よく見られることなのですが、咳き込んでから吐くということになると、病気が関係しているのではないかと心配になってしまいます。
なぜこのような症状が現れてしまうのかというと、原因として考えられるのは次のようなことになっています。
熱がなく咳以外の症状がない場合には、咳をするという部分に問題があります。
幼児は強い力が加わることで胃に力がかかるようになっています。
機能が未発達ということで、これが原因となって嘔吐をしてしまうということがあります。

スポンサーリンク

したがって症状が現れたときには他の症状がないかを確認します。
またその後の機嫌がどうなっているかを確認します。
機嫌がよく元気であればそれほど心配することはありません。
部屋の温度を適度に保って、温かい水分を摂取するというような対処を行います。
しかし何度も症状が見られるという場合には、病院を受診するようにします。
嘔吐をした後の対処としては、寝ているときには吐いたものが気管に詰まらないように、顔を横に向けるようにします。
口の中のものは清潔なガーゼなどできれいに拭き取ります。
衣服が汚れたときには着替えさせ、清潔を保つようにします。
吐いたときには脱水症状を引き起こす可能性があります。
したがって脱水を防ぐために少しずつ水分補給を行います。
初めてのことや予想していなかったことが発生することが多くなっているので慌ててしまいますが、ここで大切なことは、いくつかの症状に見落としがないかをよく観察することになります。

スポンサーリンク