MENU

たまねぎで咳を止める方法について

スポンサーリンク

季節の変わり目には体調を崩してしまうという人が多くなっています。
また寒さなどで風邪をひいてしまうという人も少なくありません。
風邪をひいたときに現れる症状としては咳が多くなっています。
このほかにも花粉症などでも咳が出ることがあります。
咳が止まらないということにもなれば、体力も同時に奪われてしまうので、非常に苦しくなってしまいます。
咳が続くと、背筋や肋骨などに影響が出ることもあります。
肋骨にひびが入るというような人もいます。
夜ぐっすりと眠ることができないので、朝起きてもすっきりとしないというような悪循環になってしまいます。
したがってできるだけ早くこのような症状を改善したいと考えている人が少なくありません。
病院を受診して薬を処方してもらうこともできますが、なかなか効果を実感できないという人もいます。
このようなときには自分で対処をするという方法もあります。
それが民間療法となります。
咳を止める方法としてはいくつかの民間療法がありますが、そのなかでたまねぎを使った咳を止める方法があります。

スポンサーリンク

たまねぎを使った咳を止める方法ですが、たまねぎには刺激臭があります。
食べるとにがいと感じることもあり、ここには苦み成分が含まれています。
辛いと感じることもありますが、このような辛みや苦みは硫化アリルというものが関係しています。
硫化アリルには次のような働きがあります。
それは血行を促進させたり自律神経を落ち着かせるというような働きがあります。
したがって咳止めに一定の効果を発揮するようになっています。
具体的にはどのような方法が行われているのかというと、たまねぎの皮を剥がして半分に切ります。
これを咳がひどい人の枕元に置くだけとなっています。
これだけで咳を止める効果があるのです。
たまねぎ特有のにおいが部屋に充満するようになっていますが、少し我慢をすると自然と眠りに入っていくことができます。
たまねぎには安眠効果も期待されています。
咳がつらくて眠れないというときや、夜中に何度も目が覚めてしまうという人に効果があります。

スポンサーリンク