MENU

咳が止まらない、肺が痛い原因

スポンサーリンク

咳が止まらない、肺が痛いという苦痛を体験したことがある人は少なくありません。
これは風邪が悪化したときに度々見られる症状で、子供時分のつらい思いでにしているという事例が目立ちます。
 しかし、抵抗力や免疫力が増した大人になれば、その種の苦痛から全面的に開放されるのかと言えば、そうでもありません。
 今回は、大人でも患う、咳が止まらない、肺が痛いという原因とその解決法について説明していきます。
 肺が痛む原因としてまず考えられるのは、ストレスとなります。
 ストレスで痛む内臓と言えば、胃腸がその代名詞のような感がありますが、外部的要因により痛めつけられることがあるのは、肺も同じです。
 肺を痛めると胸部に痛みを感じる傾向にあるため、心臓を患っているのではないかと勘違いする人も多いとされています。
 なお、おかしな姿勢を続けたのが原因で肺が痛んでいる場合もあるため、鎮痛剤や湿布薬で症状が改善されたら、以降は正しい姿勢を保つのを心がけましょう。

スポンサーリンク

 肺が痛いと感じる原因として分かりやすいものは、タバコ(喫煙)となります。
 呼吸器はタバコの煙の通り道となるため、有害物質がそこに直接触れ、ダメージを与えるのです。
 レントゲン写真などでおなじみの光景の一つに、タールやヤニで汚れた肺というのがありますが、あれは喫煙を続けた結果となります。
 喫煙者はそうでない人と比べると風邪を引きやすいという研究結果もあり、それだけでも咳が止まらないという人が多数います。
 喫煙は他の病気の引き金となる場合も多いため、健康に気を遣うのであれば、即座にやめた方がよい習慣です。
 風邪と症状がよく似たもので、肺炎があります。
これは何日経っても症状がいっこうに改善されない場合は、それを疑う必要があります。
 近年の日本では、死亡原因の少なからずが肺炎となっており、抵抗力が低下した高齢者がそれを患うと、大変危険な状態になるのが確認されています。
 市販の風邪薬を飲んでも、まるで効果がないという人は、専門医に診てもらった方がよいでしょう。

スポンサーリンク