MENU

冬のアレルギーによる咳の原因と対策

スポンサーリンク

冬は風邪の季節と同時にアレルギーに注意する季節でもあります。
咳だけの症状だと風邪なのかアレルギーなのわからない事もよくある事です。
また風邪がきっかけとなりアレルギーがでるケース、冬の空気の乾燥から喘息による咳の症状が起きるケースと症状から発症例まで様々です。
咳の症状や原因を知る事で対策と治療を行えますので心配はいりません。
なのでますは症状について知りましょう。
こういった症状の主に考えられる原因は喘息です。
喘息は慢性的に咳がでる気管支の病気です。
冬場の様に空気が乾燥する事で気管支が細くなったり炎症を起こす事で咳がでやすくなります。
他にもたばこの煙や飲酒、ハウスダスト、また冬場の急激な運動やストレスと原因は多岐に渡ります。
風邪がきっかけでアレルギーがでやすい体質の方は風邪が治ってからもアレルギーの症状がで続けてしまう事もあります。
症状の期間としては2週間から1か月以上と個人差はありますが長い期間に渡るケースも見られます。
日中よりも夜間から明け方に症状がひどくなるのも特徴の一つです。
期間と症状ともに辛いですが対策と予防で軽減や早期治療は可能です。

スポンサーリンク

対策と予防ですがまず最初にすべき事は病院に行く事です。
喘息は風邪とは違い自然治癒では治りにくいので薬をもらって症状をおさえる事が最も重要となります。
風邪をひいた時点でアレルギー体質の方は自分の体質と症状についてお医者様にお話しするとより治療は早く進みます。
病院は内科、呼吸器科、耳鼻咽喉科になります。
放っておくと症状が悪化したり夜眠れなくてかえってストレスになってしまうので病院で薬をもらう事が最も優先すべき事です。
治療期間は症状によりますが薬により症状を軽減し夜もぐっすり眠れるようになるので早く病院に行けば行くほどに早く治ります。
予防方法ですが冬は乾燥した空気が原因となるので部屋に加湿器や洗濯物をおく事で湿度を上げ予防できます。
またハウスダスト等には掃除はマスクをしてやる事と普段から定期的に掃除を行う事でも予防となります。
身だしなみで鼻毛を切るという行為も注意が必要です。
空気を吸う際に鼻から空気を吸う時に鼻毛がフィルターの役割を果たし空気を温めゴミを体にいれない役割を果たすので処理し過ぎない様に気を使う事も大切です。
長期に渡る症状は大変ではありますが病院に行く事と普段の生活でスムーズな治療と予防はできますので心配し過ぎる事無く安心して冬をのりきれます。

スポンサーリンク